MORI YU GALLERY

WEB SHOP

                 

中山玲佳 / Reika Nakayama : A

作品名:
A
アーティスト:
中山玲佳 / Reika Nakayama
サイズ:
41 * 32cm
制作年:
2011-2012
素材:
acrylic and pencil and pen on canvas
     
     
この商品は会員限定です。

ARTIST PROFILE

Reika Nakayama

中山玲佳 / Reika Nakayama

「私達が度々直面する一見矛盾している様な事柄は、実は無意識の中では静かに繋がっていて、 それが意識として浮上してくるのはほんの一瞬で儚い時間なのではないか… こうしたことを考えながら、 明と暗、裏と表、夢と現実、内側と外側など、 相反するものごとを同時に表現することが出来ないかと日々模索しています。」このように語る 中山玲佳は、京都市立芸術大学大学院の油画専攻を修了し、パリへそしてメキシコへと留学。

メキシコへの留学が彼女に与えた影響は計り知れないが、なかでも彼女の持っていた自由奔放な制作態度が守られたことは非常に大きいのではないか。もちろんコンセプト無き作品はそこでも意味をなさなかったかもしれないが、一度外へ足を向ければそこに広がる自由は筆舌に尽くし難いものがあったであろう。モリユウギャラリーでの初個展の頃には学生時代からの荒削りな手法による絵画やドローイング、

ダイナミックなオブジェによる展示で話題をさらったが、艶消しの黒のアクリルに黒の鉛筆の線で描くブラックonブラックの手法とメキシコの織物から触発された色彩感覚豊かな地は2007年ぐらいから使われ出したものだ。

「ある日、ある女が、ある植物を見つけた。女が思わずざっくりと切ったその植物の丸い筒の断面は黒と白。女はそれを夢中でかじり、飲み込んだ。植物は体の中の丸い筒に入っていく。するとその瞬間、植物の筒は体を内側から裏返すように、大きな筒となって体を包み、女を迷宮へと導く抜道となっていた。夢現の間をさまよいながら、気が付くと、眼前には道案内の鹿がたっていた…。」まるでこのような文が口をついてでてくるような作品が『yumeーutsuts/halfdreaming』2008であった。

「その果実を食べると迷宮に入るのか、それとも迷宮を抜けるとそれがあるのか、どちらなのかは、今わからない。
ただ、わかっているのは迷宮というのは一本道で、分岐がないことが特徴の一つとなっているらしいことだけだ。(中山玲佳)」
一度入ってしまった迷宮から抜けられる方法は元来た道を戻ることだけ…しかし、それではつまらないとその洞窟自体が変容し、入ってきた穴自体が変わってしまうかのような方向へと中山は我々を誘う。誘惑は誘惑し続けなければ誘惑でなくなってしまう。ニキ・ド・サン=ファルとマリソルを合わせたようだとも評される中山玲佳は、次に何がでてくるのか予期できない数少ないアーティストの一人である。

DETAIL PHOTO

INTRODUCTION

Yuichi Mori

MORI YU GALLERY 森 裕一

中山玲佳の『A』で特徴的なのは、2011年『deja-vu』『sleeping diary』で登場した大きな弧を描く線である。中山が学生時代からつくってきたオブジェの形は非常にダイナミックでその表面などはとても荒削りなものなのだが、この線はどうもこの感覚に通じるものがある。『catch eye』で使われているような繊細な鉛筆の線と違い、中山の良い意味での多面的な部分が表現されているように思える。中山によればこの黒い渦の様なストロークは浮遊するイメージをともなっているという。

この人物によって時間が交錯する感覚を表現したいと中山は語っている。重要と思われる人物の顔はあまり表現されず省略され、頭の周りには冠の様なものが描かれている。そこにはラメが散りばめられているのだが、これは「eye-catch」などの他作品にも多用されており、逆に描かれていいない表情が浮き彫りになり、浮遊する人物が強調されている。


関連カテゴリ:
Artist > 中山玲佳 / Reika Nakayama
«WEB SHOPへもどる

Follow us :

  • Facebook